メールニュース

第798号 2018年08月29日発行

大山崎町あったらいいな駅前ワークショップ

平成29年度に実施したワークショップの様子 平成29年度に実施したワークショップの様子

 JR山崎駅や阪急大山崎駅などを含めた駅前のまちづくりを考える「あったらいいな駅前ワークショップ」を平成29年度から開催しています。JR山崎駅前及び阪急大山崎駅前について,現状では,各種公共交通や一般車両が混在し,加えて歩行者・車両の分離がされていない危険な状況となっています。この問題を解決し,安全で通行しやすい駅前にするために,地元の方が思う駅前のあり方,どのような駅前が求められているのかを模索するワークショップを実施し,今後の駅前まちづくりの方向性を,住民と協働で検討しています。最終的には,駅前まちづくりに関する基本方針の策定を目指しています。

 8月18日(土)に今年度第1回目のワークショップを開催しました。まず,『観光潮流の変化とコンテンツツーリズム』というテーマで京都文教大学 総合社会学部 総合社会学科の片山 明久 准教授に講演いただき,その後『駅周辺の観光』をテーマにワークショップを実施しました。ワークショップでは,前回のワークショップで出たアイデアを元に,大山崎町の観光について,参加者みんなでSWOT分析,クロスSWOT分析を行い,「外国人来訪者の増加を契機に,大山崎町の歴史的観光資源をSNSなどで情報発信しよう」など,様々な観光戦略を出し合いました。

 今年度は,あと1回開催する予定としており,開催にあたっては,町広報誌,町HP等でご案内します。どなたでも参加可能となっておりますので,奮ってご参加ください。
 詳しくは,大山崎町役場建設課都市計画係までお問い合わせください。