メールニュース

第807号 2018年10月24日発行

木津川市木津川アート2018「恋する恭仁京。」(11月3日~18日)を開催します!

木津川アート2018 木津川アート2018

 今回で9年目,6回目の開催となる「木津川アート」。今回は,木津川市加茂町瓶原(みかのはら)地域でまち全体がアートに染まります。
 木津川アート2018では,聖武天皇が遷都した恭仁京の中心地であった恭仁宮跡を中心に,神社,古民家,倉庫など,瓶原地域らしさの詰まった会場で,30組の現代アート作家が,20会場で展示やパフォーマンスを繰り広げます。

【日時】平成30年11月3日(土・祝)~18日(日) 午前10時00分~午後4時00分
【場所】京都府木津川市加茂町瓶原(みかのはら)地域
【主催】木津川アートプロジェクト
【共催】木津川市
【運営】木津川アートプロジェクト事務局
【問合】木津川アートプロジェクト事務局((一社)木津川市観光協会内)
TEL :0774-73-8191
MAIL:info@kizugawa-art.com
【料金】入場無料

■木津川アートとは・・・
 木津川アートは,日常の地域空間が現代アートと融和・融合することで,新たな魅力を生み出し,自分たちの地域を新発見・再発見する芸術祭です。これまでに5度,市内の色々な場所を舞台に取り組んできました。

■市民・地域協働<ボランティア随時募集中!>
 木津川アートの開催にあたっては,展示会場の見守りやイベントの進行など,ボランティアや地域住民の協力が不可欠です。
 木津川アートの大きな特徴の一つとして,会場エリアが毎回変わることが挙げられます。約20ヶ月の準備期間の中で,地域のことを深く知るために,地域行事への参加・まち歩きなどを通じて地域の方々と交流し,地域連絡会の開催により情報交換を行うことで,地域との関係性を築きます。
 このように,地域住民・参加作家・ボランティアが力を合わせることで,この地域がもつ魅力を引き出し,市内外にその魅力を発信します。