メールニュース

第808号 2018年10月31日発行

精華町子どもたちの目が輝くまちに♪~SEIKAクリエイターズインキュベーションセンター~

SEIKAクリエイターズインキュベーションセンター SEIKAクリエイターズインキュベーションセンター

 SEIKAクリエイターズインキュベーションセンター(SEIKA CI)は,学研都市の新たな文化の創造と新産業の創出に向けてのクリエイター支援と,未来を担う子どもたちなど地域住民への学研都市を活かした学びの機会を提供する「科学のまちの子どもたちプロジェクト」を推進するため,今年4月にオープンしました。場所は,健康・医療,・エネルギー・農業,文化・教育などの先進的な研究開発を進めている,京都府のけいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)の中にあります。今回は,ここでの取り組みを紹介します。

 レンガ造りの柱に廊下からでも中の様子がよく見渡すことができる大きなガラス窓に囲まれ,開放的で明るい様子が特徴のこのセンターは,子どもたちのステキな発想をどんどん生み出してくれます。地元の絵本アニメクリエーターユニット,twotwotwo(ににに)さんを講師に始まった「コマドリアニメで監督になろう!」では,親子が粘土で思い思いの形をつくり,タブレットでパシャリと撮影。その写真をつなげていくと…オリジナルのアニメ動画が完成。子どもたちは自分で考えたストーリーをまるで映画監督になったような気分で制作していくワークショップです。今年の夏休みに初めて開催したのですが,とても好評でハロウィン版を10月にも開催しました。また冬にはクリスマス版も予定しています。

 そのほかにも,12月15日に予定しているワークショップとして,精華町と包括連携協定を結ぶ京都精華大学のマンガ学部の教授で,「ゲームセンターあらし」や「仮面ライダー」を手掛けたマンガ家の,すがやみつる先生を講師に,第2回セイカ子ども大学「マンガを描こう!」が予定されています。「マンガを描いたことがないから無理」「絵に自信がない」「マンガを描いてみたいけど,何を描いたらいいのかわからない」こんな子どもたちにも,すがや先生が楽しく書けるツボを教えていただきます。
 以上のように,SEIKA CIは,様々な分野の体験型教育やワークショップの場として活用されていますので,機会がありましたらぜひお立ち寄りください。

◆コマドリアニメで映画監督になろう(10月6日(土)実施分)
 当日の様子です↓
https://ameblo.jp/twotwotwo-222/entry-12410082664.html
 作品↓子どもたちのエピソードも記載しております。
https://ameblo.jp/twotwotwo-222/entry-12410086535.html