メールニュース

第820号 2019年02月06日発行

東近江市東近江市シティプロモーション方針を策定

東近江イズム 東近江イズム

 東近江市では、人口減少、少子高齢化が進行する中、持続可能なまちづくりを行うため、シティプロモーションの取組の方向性と手法を定める東近江市シティプロモーション方針を策定し、取組を進めています。方針のポイントは次のとおりです。
【方針のポイント】
・多くの市民が東近江市の魅力に気づき、郷土愛を持ち、主体的にまちづくりに関わるようになることを東近江市のシティプロモーションの推進力、牽引力とする。
・高い郷土愛を持った市民と一体となって、情報や魅力の拡散を行い、知名度・ブランド価値の向上、交流・関係人口の増加、さらには定住・移住人口の増加を目指す。
・木地師や近江商人など過去から様々な進取の取組が行われており、現在もその精神が根付いていることから、東近江市のトータルブランドを表すキーワードを「パイオニア精神」と設定する。
 また、シティプロモーション推進のシンボルとなるキャッチコピーを「東近江イズ
ム。」と定め、市民の皆さんにも使用していただけるロゴマークも作成しました。
 
 シティプロモーション方針に基づく具体的な取組としては、市民の皆さんに東近江市の魅力を感じてもらえるよう市ホームページに特設サイト「HIGASHIOMISM」(URL:http://www.city.higashiomi.shiga.jp/higashiomism/)を設置し、市内で活躍する人や、素晴らしい景色、代々受け継がれてきた文化を紹介しています。広報ひがしおうみや市公式フェイスブックでも東近江市で活躍する人を取り上げる連載企画を行っています。
 さらに、多くの市民の皆さんがまちに関われるきっかけを作るため、人材育成の仕組みを検討するワークショップや、地域情報紙を市内の高校生とともに製作する取組なども行っています。
 シティプローションの取組が全市的なものとなるよう関係部局や関係団体が連携できる体制をとりながら今後も取組を進めていきます。