メールニュース

第833号 2019年05月29日発行

久御山町久御山町 町制施行65周年 記念式典および記念事業の実施

 久御山町は昭和29年10月1日に久世郡の御牧村と佐山村が合併して誕生し,今年で町制施行65周年を迎えました。記念の年を迎えるにあたり,住民の皆さんはもちろん,今までまちづくりに貢献していただいた方々,また久御山町をあまり知らない方にも町の歴史や文化を知っていただき,郷土についての理解と関心を深め,より多くの方に久御山町に愛着を持っていただけるよう,本年度は記念式典や様々な記念事業を予定しています。

 まず,事業を展開していくにあたり,より一体感をもって65周年を盛り上げていけるよう,65周年記念のロゴマークを一般募集し,町広報誌4月1日号で発表しました。

 また,5月12日(日)には,久御山町で収穫した酒米を使用し,伏見で最も古い歴史を持つ造り酒屋で,清酒「月の桂」の醸造元として有名な㈱増田德兵衞商店で造った日本酒「夢酒 くみやま」をイオンモール久御山でお披露目させていただきました。フルーティな香りと上品な味が特徴で,現在のところ,㈱増田德兵衞商店やイオンモール久御山で販売しておりますが,順次販売店を拡大していく予定です。

 そして,町の誕生日にあたる10月1日(火)には,これまでまちづくりに貢献していただいた多くの方々のご協力・ご尽力に感謝の意を表するとともに,更なる久御山町の発展を皆で祈念すべく,役場において記念式典を開催します。

 さらに,秋には町内のランドマークの一つである「くみやま夢タワー137(KBS京都ラジオ電波塔)」のライトアップを行います。ライトアップにあわせて,点灯式などのイベントを開催します。

 ご紹介した他にも町内の各団体の皆さまとも連携しながら,様々な記念事業を実施しております。順次,町ホームページ(http://town.kumiyama.kyoto.jp)等で広報させていただきますので,ご覧いただき,ぜひ久御山町にお越しください。