メールニュース

第846号 2019年09月05日発行

湖南市中学生アイデアキャンプ開催中!!

こなん政策アカデミー 成果発表 こなん政策アカデミー 成果発表

 湖南市では8月から,市内在住の中学生を対象に,地域での課題を自分事として捉え,中学生による「食」と「スポーツ」に関する提案事業である「アイデアキャンプ」を行っています。

 人生100年時代といわれる今,健康的な食事と運動を楽しいものとするため,中学生らしい発想で,美味しい料理や新しいスポーツ作りにチャレンジしてもらいます。

 第1回目の今年度は8月3日からスタートし,12月7日の「こなん政策アカデミー」での発表に向け,フィールドワークやテストマーケティング,月に1回程度の会議を開きながら進めていきます。

 参加者は男子3名,女子2名の中学生です。今回の参加者が興味を持ったのは「スポーツ」に関することであるため,新しい「スポーツ」を開発することとなりました。

 フィールドワークでは,スポーツとテクノロジーを掛け合わせたものを学ぶために,大阪の万博記念公園の周辺にある「VSPARK」に視察に行くなど,中学生が興味を持てるような企画を行っています。

 これらをコーディネートするのは,地域おこし協力隊の制度を利用して,市内で起業家をコーディネートするNCL湖南の長砂氏です。長砂氏はアイデアの出し方,作り方など,中学生が提案できるように丁寧に指導しています。

 まだまだ始まったところではありますが,これから中学生が自分で考え,新しい発想が出てくるのか,12月の発表が楽しみです。

 是非,「こなん政策アカデミー」での成果発表を観覧に来ていただけますと幸いです。
【こなん政策アカデミー】
https://www.city.shiga-konan.lg.jp/soshiki/sogo_seisaku/chiiki_sosei/chiiki_sosei_kikaku_tokei/9124.html