メールニュース

第882号 2020年06月10日発行

高槻市「高槻もてもて筋力アップ体操」(愛称:もてきん体操)の動画配信を開始しました

高槻もてもて筋力アップ体操1 高槻もてもて筋力アップ体操1

高槻もてもて筋力アップ体操2 高槻もてもて筋力アップ体操2

動画QRコード 動画QRコード

 高槻市では,市民の更なる健康寿命延伸のために,介護予防体操第2弾となる「高槻もてもて筋力アップ体操」の動画配信を令和2年4月に開始しました。

 体操は,筋力・バランス能力を向上し,将来の要介護リスクを予防するのに効果的でシンプルな5つの動きで構成された約4分間の体操です。歌にあわせて,道具は一切使わず手軽に筋トレに取り組め,繰り返し続けることで確実に筋力アップの効果があります。

 平成18年に初めて,ストレッチ体操,筋力アップ体操,お口の体操,ウォーキングの4つの体操で構成された「高槻ますます元気体操」を作成し,椅子を使って簡単で安全に取組める体操として,地域のグループでの自主的な活動を進めてきました。体操実施拠点は順調に増えてきましたが,参加が少ない65歳から74歳の前期高齢者や男性を増やすための工夫が必要でした。

 そこで,まだ自分には介護予防は早いと思っている方や活動的に忙しく過ごしている方が,隙間時間を活用して気軽に取り組め,生活習慣病予防にもなるように筋トレを重視し,バランス能力を加えた長すぎない体操を新たに考案しました。「もっとてがるに,もっとてがたく」の頭文字を取って「もてもて筋力アップ体操」と名付け,市職員が作詞作曲し,高齢期をアクティブに過ごすためのポイントを伝えています。
 また,医療や福祉に関わる各種団体や子どもを含む多世代の市民の協力を得て体操動画を作成し,多世代での取組から地域に介護予防活動が更に定着することを目指して,個人でもグループでも実践できるように,インターネットでの動画配信やDVD・CDの貸出を行っています。

 今般,厚生労働省が示した「新しい生活様式」の実践例にもあります自宅で活用できる動画として,「もてきん体操」を幅広い世代の市民に実践していただけるように,より一層普及啓発に努めてまいります。