メールニュース

第895号 2020年09月09日発行

井手町井手町地域おこし協力隊が活動開始

與世田さん 與世田さん

 井手町は,地域外の意欲ある人材を受け入れ,地域の課題解決や活性化の促進,さらに定住・定着を図る「地域おこし協力隊」を導入。その隊員第1号となる與世田信忠さんが,今年4月に着任されました。

 與世田さんは,大阪市の出身。現在は,井手町まちづくりセンター「椿坂」を拠点に,その周辺にある耕作放棄地の再生や有効活用,様々なチャンネルを活用した井手町の魅力の発信に取り組んでいただいています。

 耕作放棄地の有効活用では,町内で活動する様々な住民団体で構成する「井手町まちづくり協議会」と連携して,野菜作りなどの農作業に取り組まれており,収穫期を迎えた農作物の販売も行っています。

 また,農作業をはじめ,まちの観光スポットの紹介,ふるさと納税の返礼品の発掘,更にはそれらを当町のホームページで掲載するための写真撮影など,当町の魅力発信に日々,取り組んでいただいています。これらの取組はFacebookなどのSNSでも発信していますので,ぜひご覧いただきたいと思います。

 今後は,新たなまちの特産品開発や,交流人口の拡大といった方向にも活動を広げていただく予定です。また,今年度も,引き続き,地域おこし協力隊を募集しておりますので,興味のある方はぜひご一読ください。


◎井手町地域おこし協力隊のFacebookページ
https://www.facebook.com/ideokoshi/posts/146640297027021/

◎井手町のHP(地域おこし協力隊募集のページ,ふるさと納税のページ等)
http://www.town.ide.kyoto.jp/soshiki/sousei/chiiki_kyouryokutai/1571820607283.html