メールニュース

第924号 2021年04月21日発行

久御山町全世代・全員活躍 まちづくりセンター整備 ~まちづくりセンターから人とまちを、未来へつなぐ~

まちづくりセンター イメージイラスト まちづくりセンター イメージイラスト

 久御山町では、「まちづくりセンター」の整備を進めています。全世代・全員活躍の基盤となるまちづくりの観点から、従来の公民館機能に加え、社会教育・生涯学習機能をアップし、あらゆる人やあらゆる世代の人々が交流する拠点となる施設として、令和6年度中の開館を目指しています!

これまでの中央公民館とまちづくりセンター
 中央公民館は、耐震性や老朽化等の問題から令和2年に閉館。平成29年度から今後のあり方についての検討が行われ、適切な規模での建て替えの方針と「まちづくりセンター」として整備していくことが決定されました。
 整備検討委員会を設置し、住民ヒアリングやアンケートなどを行い議論した結果
・「専用ホール」「多目的ホール」「野外広場」の連続する3つの空間を設定し、多様な使い方のできるホール
・時間帯や期間により住民・民間事業者でも利用できるカフェスペース
・イベントや住民の憩いの場としての利用を想定した広場スペース 
などを整備する計画となりました。住民・役場・運営事業者の知恵と協力で、これまでになかった様々な使い方が実現可能な場所となることを目指します。

みんなでつくる!まちづくりセンター
 「まちづくりセンター」の空間の役割や使い方は多種多様!これからは、ひとりひとりの「空間の使いこなし」が重要となります。
 「まちづくりセンター」が実際に開館するまでは、まだ3年以上あります。その間に、住民を始め、様々な立場の人たちのノウハウや思いを取り入れ、上手な使い方・活かし方についての議論が活発かつ継続的に行われる必要があります。多様な活動や施設の使い方を、住民・役場・コーディネーター・民間事業者がお互いに協力しながら進めていくことが大切です。

※最新情報や、もっと詳しく知りたい人はこちらから
http://www.town.kumiyama.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=3683