メールニュース

第936号 2021年07月21日発行

野洲市「第2次野洲市総合計画」を策定しました

第2次野洲市総合計画 第2次野洲市総合計画

計画書はこちらから 計画書はこちらから

 野洲市では,第1次総合計画において実現できたことと残された課題を踏まえつつ,時代の変化に対応しながら将来を見据えたまちづくりを今後も行うため,令和3年4月から10年間を計画期間とした「第2次野洲市総合計画」を策定しました。

 本計画では,「多様な人々と多彩な自然が調和した,個性輝くにじいろのまち~笑顔あふれる にじいろ都市 やす~」を将来都市像とし,無数の色が調和して一つとなり美しく輝く虹のように,多様な人々がともに暮らし,互いに認め合いながら個性を発揮し,山や田畑,川や湖など,色とりどりの自然が都市の中で調和するまちをめざします。また,多様な人々と自然をはじめとする多彩な地域資源がそれぞれに輝きながら調和する,笑顔あふれる都市の実現することで,「住んでよかったまち」「住んでみたいまち」「住み続けたいまち」をめざします。
 
 将来都市像を実現するため,基本姿勢として,各主体とまちづくりの目標を共有し,「協働」によるまちづくりを進めます。また,SDGsとのつながりを意識しながら,持続可能なまちづくりを進めます。
 そして,①子育て・教育・人権,②福祉・生活,③産業・観光・歴史文化,④環境・都市計画・都市基盤整備,⑤市民活動・行財政運営の5つの分野において基本方針を定め,具体的な取組を進めます。

 また,策定にあたっては,総合計画審議会での審議をはじめ,市民意向調査や市民ワークショップ,意見募集(パブリックコメント)等,さまざまな機会でいただいた多くのご意見を反映させていただきました。

 「第2次野洲市総合計画」をまちづくりの指針とし,本計画に基づき各種施策に取り組むことで,様々な課題を解決し,将来都市像の実現をめざしてまいります。