メールニュース

第937号 2021年07月28日発行

高島市学生による「たかしま空き家Life Designコンペ」について

現地見学の様子1 現地見学の様子1

現地見学の様子2 現地見学の様子2

展示会の様子 展示会の様子

 高島市では、関係人口の増加と増え続けている空き家を移住者に有効活用していただくことを目的として、市内に実在する空き家を題材として、建築を学んでいる学生を対象に移住を希望されている方が、高島市での新しい生活をイメージできるようなリフォームデザイン案を提案していただく「たかしま空き家Life Designコンペ」を令和2年度に開催しました。

 前年度に企画した移住PR動画コンペでは3団体しか申込みがなかったことや、コロナ禍の状況であったことから、どれだけのエントリーがあるのか不安な面がありましたが、結果、高校生・大学生・専門学校等あわせて30団体82名ものエントリーがあり、多数の応募をいただきました。

 コンペではエントリーシートの内容について一次審査を行い、上位の15団体に高島市内に残るかつての街道、湖上の要所として栄えた町なみに存在するモデル空き家に足を運んでいただき、地域の人から文化や歴史等について学んでもらいながら、現地見学を行っていただきました。

 提案された15作品について、二次審査を実施し、上位の6作品について最終審査会で各団体にプレゼンを行ってもらい、募集要項のテーマに沿っているか、独創的なアイディアが盛り込まれているか、プレゼンが優れているか等の観点から審査を行い、最優秀賞・優秀賞・特別賞を選出しました。

 提案された作品は全て庁舎内で展示し、入賞作品は市のホームページに掲載し、また、最終審査会の様子を市の広報に掲載したり、youtube配信を行うなど、積極的に情報発信に努めました。

 令和3年度は、モデルとなる空き家を実際に購入が可能な市の空き家バンクに登録されている物件とし、リフォームデザインの内容も子育て世代に向けたものにするなど、より現実性のある作品を提案してもらえるように第2回「たかしま空き家Life Designコンペ」の参加者を募集しており、事業のさらなる発展に取り組んでいるところです。